マーケティング偏差値は企業の存亡を分ける

ダイジェスト

「経営層を含めた企業全体のマーケティングへの理解が低い」という課題を抱えている多くの日本のBtoB企業。共通していることは、競争の激しいグローバル化の中で、苦しい戦いを強いられているということです。

本資料では、そのような状態を打破するべく、「日本企業のマーケティング偏差値が低い理由」と「偏差値が低いことにより今度起こりうる問題」について解説し、「それらを回避する即効性のある具体的な改善策」をご紹介します。

  • リーダー層がマーケティングを理解していない

  • 製品力だけの戦いではもう限界

  • 40年前の日本企業の失敗

  • 日本企業が直ちに取り組むべきプロセス

  • マーケティング偏差値は企業の存亡を分ける
  • マーケティング偏差値は企業の存亡を分ける

続きは下記のフォームよりお申し込みください

※資料のご請求は、当社サービスの導入をご検討されている方を対象としております。
BtoC企業の方、広告代理店及び同業の方、個人事業主の方につきましてはお断りさせていただいております。予めご了承ください。