Symphony Marketing Intelligent Growth Club 利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます)は、シンフォニーマーケティング株式会社(以下「当社」といいます)が提供するB2Bマーケティングに特化した会員制研修プログラム「Symphony Marketing Intelligent Growth Club」(以下「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものであり、本サービスの利用に際しては、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(適用)

  1. 本規約は、本サービスの利用条件を定めるものであり、本サービスを利用する法人(以下「利用者」という)及び受講者(第2条1項に定義する)と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

  2. 本規約の内容と本規約外における本サービスの説明等が異なる場合には、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条(本サービス)

  1. 本サービスは、当社による、利用者の従業員等に対するマーケティングの研修プログラムの提供に関するサービスであり、当該研修プログラムの受講は、利用者の役員及び従業員のうち、当社及び利用者により受講を認められた者(以下「受講者」といいます)に限られます。

  2. 当社は、本サービスの内容を自らの裁量で定めることができるものとします。

  3. 受講者は、当社の指定する受講形態により本サービスを受講するものとします。

  4. 当社は、本サービスの一部または全部を当社の指定する第三者に再委託することができるものとし、利用者は、これを承諾するものとします。

  5. 本サービスの一部または全部を第三者に再委託する場合、当社は、当該再委託先に対し、当社と同一の義務を課し、これを遵守させるものとします。

第3条(申込み等)

  1. 本サービスの利用を希望する法人は、本規約に同意のうえ、実施内容その他の本サービスの実施に必要な事項を記載した所定の注文書を提出するものとします。

  2. 前項の注文書を受領後、当社が利用者に対して、本サービスの提供を承諾する旨の通知を行うことにより、本サービスに関する利用契約(以下「個別契約」といいます)が成立し、受講者は、本サービスを受講することができます。ただし、当社が利用者に対して予め本サービスに係る申込みの誘因を行った場合は、注文書の受領をもって個別契約が成立するものとします。

  3. 本規約と個別契約の内容が異なる場合には、個別契約の規定が優先して適用されるものとします。

  4. 利用者は、当社に届出をした利用者及び受講者の情報に変更が生じた場合は、遅滞なくこれを通知するものとします。

  5. 利用者は、受講者を変更する場合には、予め当社の承認を得るものとします。

第4条(利用料)

  1. 本サービスの利用料(以下「利用料」といいます)、弁済期及び支払方法は、当社所定の注文書において定めるものとします。

  2. 本サービスの実施に当たり、当社が個別契約成立時点で合意された内容以上のサービスを提供することとなった場合は、双方協議のうえ、別途追加の利用料を定めるものとします。

  3. 利用者は、前2項に定める利用料を、当社が指定する銀行口座に振り込むものとし、振込手数料は利用者の負担とします。

  4. 利用者が利用料の支払を遅滞した場合、利用者は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

第5条(実施場所等)

  1. 本サービスは、原則としてオンラインで提供され、本サービスの受講方法は当社が指定するものとし、利用者はこれに従うものとします。

  2. 前項の規定にかかわらず、当社と利用者が合意した場合には、実開催の方法により本サービスの提供を行うことができるものとします。

第6条(秘密保持)

当社及び利用者は、相手方の事前の書面による承諾を得ることなく、本サービスの実施に関連して知り得た相手方の営業上または技術上その他一切の情報(以下「秘密情報」といいます)を第三者に漏えい、開示しないものとします。ただし、次の各号に掲げるものはこの限りではありません。

① 相手方から開示を受けた際、既に公知であったもの
② 相手方から開示を受けた際、既に自ら保有していたもの
③ 相手方から開示を受けた後に自らの責によらずに公知となったもの
④ 正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を伴わず適法に入手したもの
⑤ 相手方の秘密情報に接することなく独自に開発したことによるもの

第7条(個人情報の保護)

本サービスの実施に関連して、当社が受講者の個人情報を保有することとなった場合、当社は、個人情報保護のために必要な管理体制を整備するよう努めるものとします。また、当社は、当該個人情報を受講者本人の承諾なく、本サービスの実施以外の目的に使用せず、第三者に開示しないものとします。

第8条(ID・パスワードの管理)

  1. 利用者及び受講者は、自らの責任により本サービスに関するID・パスワードを管理するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等を行ってはならないものとします。

  2. 当社の責めに帰さない事由による、ID・パスワードの紛失、漏洩、使用上の過誤、第三者の使用等により生じた損害につき、当社は一切の責任を負いません。

  3. ID・パスワードの漏洩が合理的に疑われる場合は、当社は、利用者又は受講者に対するサービスの提供を停止することができます。

第9条(知的財産権)

  1. 本サービスに関連する一切の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含みます)商標権、意匠権、特許その他一切の知的財産権(将来法令の改正によって付与される権利を含みます)又はノウハウ(以下総称して「知的財産権等」といいます)は当社に帰属するものとします。

  2. 当社は、本サービスの提供により、利用者又は受講者が、当社に帰属する知的財産権等を利用又は使用する権利を認めるものではありません。

第10条(禁止事項)

  1. 利用者は、次の各号に掲げる行為を行ってはならず、また、受講者に同行為を行わせてはならないものとします。

    ① 本規約に違反する行為
    ② 当社が本サービスの一環として提供する一切のテキスト記事・DL資料・動画の第三者への譲渡・貸与・公開、複製・二次利用
    ③ 当社が本サービスの一環として実施する講義等の録音・録画
    ④ 法令又は公序良俗に違反する行為
    ⑤ 第三者の権利を侵害する行為
    ⑥ 本サービスの提供に関し、ネットワークに過度の負担をかける行為、本サービスに関するリバースエンジニアリングその他の解析行為、当社のネットワークへの不正アクセス等に該当する行為
    ⑦ 事実と異なる情報を登録し、又は第三者になりすます行為
    ⑧ 前各号に定めるほか、当社が合理的に不適切と判断した行為

  2. 利用者又は受講者が前項に違反した場合、当社は、直ちに、本サービスの提供の全部又は一部を停止し、利用者又は受講者の登録を抹消することができるものとします。本項の規定による本サービスの提供停止又は登録抹消に関して、当社は、何ら責任を負わないものとします。

第11条(免責)

  1. 地震、火災、電気通信の障害、法改正その他行政機関の命令、その他のやむを得ない事情による本サービスの提供中止、延期について、当社は責任を負わないものとします。

  2. 当社は、本サービスの有用性、完全性、その他利用者又は受講者による本サービスの利用について一切の保証を行うものではありません。本サービスに基づくマーケティングの研修プログラムをどのように活用するかは、利用者又は受講者の自己責任によるものとし、利用者又は受講者が損害を被った場合でも、当社に故意又は重大な過失のある場合を除き、当社は、当該損害を賠償する責任を負わないものとします。

第12条(規約・サービスの変更等)

当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく、いつでも本規約及び本サービスの内容を変更することができるものとし、当該変更により損害が生じたとしてもいかなる責任も負わないものとします。

第13条(反社会的勢力の排除)

  1. 利用者及び受講者は、現在及び将来にわたり、自ら又は自らの役員が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」といいます)ではないことを確約します。

  2. 利用者又は受講者が前項の規定に違反した場合、当社は、何らの催告等を要せずして、直ちに本サービスに関する一切の契約を解除することができるものとします。本項の規定により契約が解除された場合、当社は、利用者及び受講者に対し、解除による損害賠償義務を一切負わないものとします。

第14条(準拠法及び管轄)

本規約の準拠法は日本法であり、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

制定:2022年10月11日