シンフォニーマーケティング

ニュース

ホーム - ニュース - プレスリリース - 2015.03.30

報道関係者各位

2015年3月30日
シンフォニーマーケティング株式会社
株式会社東京商工リサーチ

シンフォニーマーケティング、東京商工リサーチの世界最大の企業情報を
マーケティングに活用するサービスの提供を開始

BtoB企業向けにマーケティングを支援するシンフォニーマーケティング株式会社(東京都中央区、代表取締役 庭山一郎、以下シンフォニーマーケティング)は株式会社東京商工リサーチ(東京都千代田区、代表取締役社長 菊池昭一、以下東京商工リサーチ)が提供する、世界最大の企業・事業所データベースをマーケティングに活用する新サービスの提供を開始しました。

東京商工リサーチは国内トップとなる434万件以上の国内データと、世界最大規模を誇る2億4,000万件を超える世界200ヵ国超の企業・事業所データの情報を保有しています。業種や従業員数、拠点、売上などを含む企業や事業所の情報は、与信管理だけに留まらずマーケティング分析や営業活動においても高いニーズで求められています。近年、海外からの参入も相次ぐマーケティングオートメーションはBtoBのビジネスでも注目を集めており、その活用には、企業や事業所の属性情報を元にしたスコアリングが必要不可欠です。

今回提供するサービスは、シンフォニーマーケティングが提供するBtoB(法人営業)企業に特化した顧客データの管理ツール『DBFocus』上で、各企業が保有する顧客データに、東京商工リサーチが提供する信用性の高い企業や事業所の属性情報を付与するサービスです。DBFocusユーザー企業は、マーケティング活動を行う過程でアプローチするべきターゲット顧客を明確にし、スコアリングの精度を高めて、さらに効率的な営業活動を速やかに実現できるようになります。

シンフォニーマーケティングでは、既存顧客およびマーケティングオートメーションの導入検討中の企業を中心に当サービスを提供し、営業活動の強化を提案していきます。今後、東京商工リサーチとシンフォニーマーケティングの2社で企業情報活用のセミナー開催やプロモーションも予定しています。

※「DBFocus」について

シンフォニーマーケティングが日本で初めて、BtoBマーケティングのためだけに開発した専門ツール+オペレーションで構成される日本で唯一のマーケティングプラットフォームサービス。自社にデータマネージメントやメール配信オペレーション、アウトバウンドコールのリソースを確保する必要がなく、見込み客データの管理、育成から絞り込み、ニーズの確認のコールまで、売上に繋げるための案件創出の仕組みを構築します。

URL:http://www.symphony-marketing.co.jp/service/dbfocus/

シンフォニーマーケティング株式会社について

代表者:代表取締役 庭山 一郎
本社:〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-3 神田大木ビル4F
会社 HP:http://www.symphony-marketing.co.jp
設立:1990年9月
資本金:120,000千円
事業概要:日本のBtoB企業のためだけに開発した独自のマーケティングツールと、設立以来25年に亘り蓄積したノウハウで、コンサルティングから顧客データの管理、さらには営業案件の創出までをワンストップで行い、企業の「売れる仕組み=マーケティング」づくりを支援する。従業員50名。
主要顧客:オリンパス株式会社、山洋電気株式会社、セメダイン株式会社、大成建設株式会社、ルネサス エレクトロニクス株式会社 ほか ※敬称略

株式会社東京商工リサーチについて

代表者:代表取締役社長 菊池 昭一
本社:〒100-6810 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル
会社 HP:http://www.tsr-net.co.jp/
設立:1892年8月
資本金:6,700万円
事業概要:調査事業・情報事業・データベース事業・出版事業
Twitter:https://twitter.com/TSR_NEWS
Facebook:https://www.facebook.com/tsrnet

本リリースに関するお問い合わせ先

シンフォニーマーケティング株式会社 アコースティックグループ 渡邊
TEL:03-3527-1441
E-mail:sales@symphony-marketing.co.jp

株式会社東京商工リサーチ 広報担当 齊藤
TEL:03-6910-3126

プライバシーマーク

Facebook