マーケティングオートメーション導入・運用支援

マーケティングオートメーション(MA)導入事例

MAを日本で活用するため、基本を学ぶところからスタート

国内大手製造業 S社

背景

アメリカ支社で採用したMAを日本市場でも活用しなければならなくなった。

課題

日本でもマーケティングでMAを活用することになったが、社内にMAに関する知識がなく、本社のサポートを受けるにも、何ができるのか、どのように活用すればいいのか分からなかった。

解決

プロジェクトメンバー全員でMAの基本を学ぶことからスタート。日本独自の運用に合わせた設定を行い、初回キャンペーンを実施しました。キャンペーン結果から、メールコンテンツの改善が必要だったため、メール原稿の作成方法、件名のつけ方などのサポートを受けました。

導入したサービス

MA運用・活用支援サービス
ワークショップ実施/メールマガジンのコンテンツ企画支援

自社運用で、精度の高いMQL創出の仕組みを構築

国内大手電機メーカー E社

背景

自社運用を前提にMAを導入したが、導入段階でプロジェクトが頓挫してしまった。

課題

マーケティングを効率化しようとMAを導入したが、初期データのインポートやフォーム設定など、初期設定の段階で問題が山積して、導入作業が止まってしまった。

解決

実施したいマーケティング活動と社内の運用プロセスを整理し、MAの初期設定をサポートしてもらいました。自社運用を目的とするため、トレーニングによりMA操作を習得しました。基本的なキャンペーンの実行ができるようになり、スコアリングによるMQLの創出ができるようになりました。

導入したサービス

運用をふまえ、自社に最適なMAを選定

国内システムインテグレーター I社

背景

MAを導入したいが、何を基準に選定すればよいか分からない。

課題

新たな取り組みとして、MA導入に向けて本格的に検討を開始し、各ベンダーからの情報を比較したが、どのMAが自社に最適なものか、何を実現できるのか分からなかった。

解決

社内でもマーケティングの方向性が揃っておらず、何を実現したいのかプランが不明確でした。そのためマーケティング勉強会を実施し、BtoBマーケティングの共通認識ができた状態で、マーケティングプランの設計を行い、それをどのMAで運用するのかという結論を出せました。

導入したサービス

MA検討サポートサービス
マーケティング勉強会/対象商材のマーケティングの基本設計

日本語のリードデータ管理の最適化でスコアリング精度が向上

外資系ソフトウェアメーカー C社

背景

自社でMAを運用しているが、データマネージメントがうまくいかない。

課題

グローバルで導入しているMAを活用してマーケティングキャンペーンを実施しているが、日本語のデータマネージメントがうまくできず、スコアリングなど最大限に効果を発揮できなかった。

解決

リードデータマネージメントサービスでMAの機能を補完することにより、日本語特有の表記ゆれや商慣習に合わせたデータ管理を開始しました。企業属性データや展示会やセミナーなどのオフラインの履歴を活用したスコアリングなどを実施しました。

導入したサービス

お問い合わせ・ご相談 まずはお気軽にご連絡ください

  • メールでのお問い合わせ 下記のフォームよりお問い合わせください お問い合わせフォーム
  • お電話でのお問い合わせ 東京オフィス お問い合わせ担当 03-3527-1441(代表)

資料請求 成功ヒントが満載

お役立ち資料差し上げます マーケティングオートメーション導入のABC お客様導入事例 テレマーケティング活用事例