シンフォニーマーケティング

Marketo LaunchPoint solution DBFocus connector for Marketo 高度なデータマネージメントによりMarketoの導入効果を最大化

MarketoMarketoは、BtoB企業に必要な営業案件創出(デマンドジェネレーション)のためのツールです。しかし、Marketoで活用するためのデータがバラバラの状態であったり、スコアリングに活用したくても必要な情報がデータに付与されていなかったりとデータマネージメントがうまくいかなければ、成果に結びつきません。
データマネージメントシステムとMarketoをAPI連携させることで、データ管理のボトルネックを解消し、Marketoの導入効果を最大化します。

Overview

サービス概要

〈DBFocus connector for Marketo〉は、Marketoを利用するBtoB企業が、
ターゲットセグメントや精度の高いスコアリングなどを実現するための、
データマネージメントシステムとMarketoとの〈API連携ソリューション〉です。

BtoBマーケティングに求められるデータマネージメントには、以下の6つのプロセスが必要です。

1.社内に散在する見込み客データのデジタル化 2.デジタル化したデータの統合 3.企業・個人データの名寄せ 4.企業データと個人データの紐付け 5.競合・営業対象外の排除 6.企業属性データの付与

本来、キャンペーン設計やスコアリングに強みを持つMarketoに、これらを求めることは困難です。そのため、データマネージメント専用のシステムで、上記のようなデータの前裁きを行い、整備されたデータをAPI連携によりMarketoに自動的にインポートします。
また、データマネージメントシステム上での作業はすべて、経験豊富な担当オペレーターが行うので、煩雑な作業に手間をかけずにMarketoでのマーケティング効果を最大化することが可能となります。

よくあるデータマネージメントでのお困りごと

  • 名寄せやメンテナンスなどの煩雑な作業にリソースがかかってしまう

  • 企業属性データを付与できていないため、スコアリングがうまく機能しない

  • 分析やレポートに活用するためのデータを正しく管理できない

  • オフラインデータを管理できない

本サービスで解決できること

  • 企業—個人単位で管理することで、競合企業を企業または個人単位で配信対象から除外する精微なオペレーションが可能になります

  • データのソース(入手元)を正しく管理できるため、法令を遵守したデータマネージメントが可能になります

  • 業種や売上といった企業属性だけではなく、展示会やセミナーといったオフライン情報を活用してスコアリングの精度を高められる

  • API連携により、手動でのインポート作業など手間をかけずにデータを最新の状態に維持できます

  • Marketo導入・運用実績が豊富なスタッフのサポートにより、データの運用体制を構築できます

Video

解説動画

解説動画
Flow

サービスフロー

サービスフロー

本サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらから

  • メールでのお問い合わせ 下記のフォームよりお問い合わせください デモのご依頼・ご相談はこちら
  • お電話でのお問い合わせ シンフォニーマーケティング株式会社 東京オフィス お問い合わせ担当 03-3527-1441(代表)