シンフォニーマーケティング

ニュース

ホーム - ニュース - プレスリリース - 2015.07.07

報道関係者各位

2015年7月7日
シンフォニーマーケティング株式会社

国内初、オラクル社パートナー制度
「Oracle Eloqua and Oracle Content Marketing Cloud Service Specialization」を
シンフォニーマーケティングが取得

BtoB企業向けにマーケティングを支援するシンフォニーマーケティング株式会社(東京都中央区、代表取締役 庭山一郎、以下シンフォニーマーケティング)は、日本オラクル株式会社(東京都港区、代表執行役社長 兼 CEO 杉原博茂、以下日本オラクル)のパートナー認定制度「Specialization(スペシャライゼーション)」において、「Oracle Eloqua and Oracle Content Marketing Cloud Service Specialization(オラクル エロクア アンド オラクル コンテンツ マーケティング クラウド サービス スペシャライゼーション)」を取得しました。この取得は、日本企業における『第1号』となります。

Specializationは、お客様の推薦、スペシャリストの保有数、ビジネスの実績という3つの基準により選出され、オラクルの製品・ソリューションにおける販売・開発・実装について、実績に裏付けられた高い知識と専門性を有することを、日本オラクルにより証明されるものです。

シンフォニーマーケティングでは、2008年から日本に拠点をおくグローバル企業が利用する海外のマーケティングオートメーションの運用・サポートを実施してきた経験を活かし、「Oracle B2B Cross-Channel Marketing(旧名称:Eloqua)」を導入したいが何から始めたらよいかわからない、また、導入したもののうまく運用ができないという課題を抱える多くの企業の支援をして参りました。

今後も日本オラクルと協力し、企業が「Oracle B2B Cross-Channel Marketing(旧名称:Eloqua)」を活用してマーケティング活動を行い成果につなげるための導入、運用支援を続けて参ります。

日本オラクル株式会社様からのエンドースメント

日本オラクル株式会社はシンフォニーマーケティング株式会社が「Oracle Eloqua and Oracle Content Marketing Cloud Service Specialization」を取得したことを歓迎いたします。 弊社は今後日本市場において「Oracle Cross-Channel Marketing(旧名称:Eloqua)」の更なる拡販を推進します。資格取得者が弊社サービスの導入コンサルティング、運用をお客様に提供することでお客様の成功を最大限に実現することを大変期待しております。

日本オラクル株式会社
クラウド・アプリケーション事業統括 アライアンス&チャネル本部
本部長 善浪 広行

シンフォニーマーケティング株式会社について

代表者:代表取締役 庭山 一郎
本社:〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-3 神田大木ビル4F
URL:http://www.symphony-marketing.co.jp
設立:1990年9月
資本金:120,000千円
事業概要:日本のBtoB企業のためだけに開発した独自のマーケティングツールと、設立以来25年に亘り蓄積したノウハウで、コンサルティングから顧客データの管理、さらには営業案件の創出までをワンストップで行い、企業の「売れる仕組み=マーケティング」づくりを支援する。従業員50名。
主要顧客:オリンパス株式会社、山洋電気株式会社、セメダイン株式会社、大成建設株式会社、ルネサス エレクトロニクス株式会社 ほか ※敬称略

関連サイト:マーケティングオートメーション導入・運用支援

本リリースに関するお問い合わせ先

シンフォニーマーケティング株式会社 アコースティックユニット 渡邊
TEL:03-3527-1441
E-mail:sales@symphony-marketing.co.jp

本プレスリリースのPDF版はこちら[PDF/274KB]

プライバシーマーク

Facebook